病院長挨拶
理念と方針
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お

見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
契約公開
jouhou-koukai
barrier-free
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針
医療安全管理指針
院内感染対策指針
コンプライアンス推進について
病院広報誌

産婦人科

現在、産婦人科は常勤医師4名、非常勤医師3名の体制となっております。 当科は、ハイリスクな妊娠や分娩、高度な婦人科手術や悪性腫瘍の管理にも対応しております。 また、助産師数も約30名を有し、奈良県内においてもトップクラスを誇ります。

診療実績 最近の分娩数、手術件数

分娩数(カッコ内は帝王切開数) 手術件数(婦人科良性疾患) (婦人科悪性腫瘍手術)
平成30年 322(68) 件 64 件 12 件
平成29年 358(69) 件 88 件 8 件
平成28年 376(65) 件 81 件 7 件

産科

平成17年4月より助産師外来を開始し、平成19年3月より院内助産院分娩を開始しています。助産師外来は独立したフロアにて完全予約制で行いますので、小さなお子様を連れて来ていただいても大丈夫です。初診から分娩にいたるまでの間に何度も助産師と話しをすることができますので、じっくりとバースプランをたてていただき、自分の理想とするようなお産をしていただくことができます。
また、当院では積極的に立会い分娩を行っており、ご主人さんだけでなく上のお子さんにも立ち会っていただけます。実際に約80%の妊婦さんがご家族の立会い分娩をされています。
分娩後はカンガルーケアを実施し、赤ちゃんのぬくもりを肌で感じることでお産の疲れや痛みが和らぎ快適に過ごすことができます。産後は基本的に母児同室を行い、赤ちゃんと離れることなく安心して過ごしていただき、自然な育児のスタートをすることができます。希望者には赤ちゃんをお預かりしてゆっくり休んでいただくこともできます。
新生児は出生後早期から小児科医師による管理を行い、異常がある場合には速やかに対応いたします。産後にはお祝い膳を用意いたします。地元の有名料亭のデザートの付いたステーキのお弁当をお召し上がりください。

妊産婦の禁煙指導について

一般の妊婦の喫煙率は約10%とされています。妊娠中に喫煙をすると流産や早産の発症する率が高くなり、胎児の発育遅延をきたすのみならず、生まれてきた子供の知能が低くなったり、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の発症する率が約2倍に高くなったりすることが報告されています。以上のことから当科では妊産婦の禁煙を強く推奨します。当科では学会の認定を受けた禁煙認定指導医が、妊婦の禁煙をより専門的な立場より指導し、また希望の方は禁煙プログラムや禁煙補助薬による禁煙治療も受けることが可能です。

婦人科

子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫などの婦人科良性疾患については、必要に応じて内科的治療を行うか、場合により手術を行います。希望者には内視鏡下手術も積極的に行っています。
子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの婦人科悪性腫瘍については進行期に応じて必要な手術を行います。初期癌については機能温存目的の縮小手術を行い、また進行症例には広範子宮全摘術や傍大動脈節および骨盤内リンパ節郭清などの根治的手術を、また再発症例に対しても希望に応じて積極的に再発病巣の切除手術を行います。また術後の補助療法として抗癌剤による化学療法や放射線治療を行います。症例によっては温熱療法(ハイパーサーミア)も行っています。婦人科悪性腫瘍の手術にあたっては、術後の排尿障害を予防するために骨盤神経の温存術式を行い術後のQOLの改善に努めています。

不妊治療

体外受精胚移植などの積極的な不妊治療は行っていませんが、子宮卵管造影などの不妊症関連の諸検査やタイミング法、排卵誘発、腹腔鏡下手術などを行っています。

医師紹介

診療部長  山下 健
奈良県立医科大学非常勤講師 日本産婦人科学会専門医 母体保護法指定医 日本禁煙学会禁煙認定指導医
専門分野 周産期、婦人科手術 禁煙指導
所属学会 日本産婦人科学会 日本妊娠高血圧学会 日本肥満学会 日本禁煙学会
産婦人科医員 南 理志
日本産婦人科学会専門医 母体保護法指定医
専門分野
所属学会 日本産科婦人科学会 日本エンドメトリオーシス学会 日本癌治療学会
産婦人科医員 丸山 祥代
所属学会 日本産科婦人科学会 日本超音波医学会 日本周産期・新生児医学会
 
PageTop